受付中
  • 関東

シンポジウム:リスク共生社会の構築に向けたリスク対応の高度化に関する提案

開催趣旨

リスク共生社会創造センターでは、先端科学技術の社会総合リスクアセスメントガイドライン、研究開発組織の統合リスクマネジメントガイドラインを発行する運びとなりました。リスク共生社会の実現に向けて、新しいガイドラインを提案し、新しいリスクの考え方を取り入れた科学技術マネジメントシステムについて議論します。

日時:2019年1月24日(木曜日)
場所:ナビオス横浜(横浜国際船員センター) 2F カナール
参加費:無料
定員:100名

プログラム

13:00~13:05 開会のあいさつ

■リスク対応の高度化に関する提案(13:10~)

13:10~13:35 先端技術システムのリスクアセスメントの高度化/リスクアセスメントガイドの紹介
  横浜国立大学 リスク共生社会創造センター 特任助教 稗貫 峻一
13:35~14:00 リスクコミュニケーションの実効に向けて
  横浜国立大学 リスク共生社会創造センター 本間 真佐人
14:00~14:25 教育研究機関のリスクマネジメント・危機管理の提案/リスクマネジメント・危機管理ガイドの紹介
  横浜国立大学 リスク共生社会創造センター 准教授 澁谷 忠弘

■パネルディスカッション 「リスク共生社会実現に向けて」(14:30~16:00)
①既存のリスク対応の課題と提案
②市民、企業、行政の総合力による新たな社会構築に向けて
・リスクマネジメントガイド・e-learningの開発・NPOの創設

(パネラー)
小林 亜希  東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 ビジネスリスク本部  主任研究員 
西郷 貴洋  株式会社三菱総合研究所  科学・安全事業本部  リスクマネジメントグループ  研究員
澁谷 忠弘  横浜国立大学 准教授 リスク共生社会創造センター
稗貫 峻一  横浜国立大学 特任助教 リスク共生社会創造センター 
本間 真佐人 横浜国立大学 リスク共生社会創造センター
(コーディネーター)
野口 和彦  横浜国立大学 教授 リスク共生社会創造センター センター長

お申込み要領

セミナーチラシは、こちらをご覧ください。PDF

セミナートップへ戻る