CSR報告書策定支援

企業活動から生じる環境負荷を低減し、環境との共生を目指す環境経営から、環境問題だけではなく幅広く社会的な問題にも取り組み、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility: CSR)を果たし企業の持続可能性を高めるCSR経営へと、企業経営が進展してきました。これに伴い、これまで発行していた環境報告書をCSR報告書へ発展させ、環境面の取り組みだけでなく、社会・経済的側面での内容を充実する企業が、この数年で急速に増えてきました。

ステークホルダーとのコミュニケーション

CSR経営において最も重要なことは、従業員や地域社会等企業を取り巻くステークホルダーとのコミュニケーションを促進し、要求・期待が何かを知り、それらの要求・期待に積極的に対応して経営に活かすことです。CSR報告書は、コミュニケーションの有効な手段ですが、経済、環境、社会面の取り組みやデータをただ記載するだけではなく、読み手の視点に立った編集・工夫が求められています。CSR報告書のトレンドや同業他社発行の報告書の分析等を通じて、貴社にとって有益なCSR報告書の作成・公表方法についてご支援します。

サービス内容

CSR報告書作成の流れ

  1. CSR報告書作成目的の明確化

    • 事前分析
      • 各種ガイドライン
      • 他社のCSR報告書
    • 開示情報の決定
    • 情報収集体制の確認(EMS構築の有無等)
    • 開示方法・開示媒体の決定(冊子、HP等)
  2. 発行スケジュールの決定

    • 発行時期の決定
    • 外注範囲(デザイン、原稿作成、印刷、製本)の決定
  3. CSR報告書のコンセプトの決定

    • 対象読者の決定
    • 編集方針の決定(報告対象範囲、期間、参考とするガイドライン)
  4. CSR報告書の枠組み作り

    • 社内CSR関連情報の収集、担当部署、担当者の決定
    • 目次レベルの決定
    • 紙面構成案の作成
  5. 情報収集・作成・編集

    • CSR関連情報・データの確認
    • 原稿作成
    • 写真の収集・デザイン作成
    • 版下原稿の作成・チェック
    • 色校作成・チェック
    • 印刷・製本

CSR報告書作成全般(フェーズ1からフェーズ5まで)をサポートします。

事前分析(CSR報告書のトレンド、同業他社発行の報告書の分析等)、制作会社(デザイン・印刷)の選定(ご希望に応じ)と調整、編集方針の検討、紙面構成の検討、貴社CSR関連情報の収集、原稿の作成、版下原稿・色校のチェック、CSR関連情報・データのCSR報告書以外での活用検討等において、東京海上日動リスクコンサルティングが主体的に従事します。

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(ビジネスリスク本部)

サービストップへ戻る