データヘルス

政府の「日本再興戦略」では国民の「健康寿命」の延伸が重要な柱として位置づけられ、予防・健康管理の推進に関する新たな仕組みとして、すべての健康保険組合に対して「データヘルス計画」の作成と推進が求められています。

東京海上日動リスクコンサルティングでは、日本の健康を支える健康保険組合の新しい取り組み「データヘルス計画の作成と推進」をご支援します。

サービス紹介

基本サービス

データ分析、課題設定、計画策定から事業評価まで、健康保険組合が実施するデータヘルス計画のPDCAをご支援します。

オプションサービス

基本サービスと合わせてご利用いただくことで、より広い範囲で健康保険組合のお取り組みをご支援します。

事業主連携支援サービス

データ分析結果や健康課題を健康保険組合が事業主(企業)と共有するための会議、事業主と連携して次年度の計画を策定するための会議等の運営や各種調整等をご支援します。

生産性可視化支援サービス

東京大学との共同研究による知見を活用し、生産性の損失(プレゼンティーズム、アブセンティーズム)を可視化します。医療費や健康リスクばかりではなく、生産性に関する分析結果にも着目した健康施策をご提案します。

施策実行支援サービス

  • 保健事業施策の効果評価に必要なデータを取得するための調整を健康保険組合に代わって実施します。
  • 施策の進行状況について定期的に確認し進捗管理をご支援します。
  • 介入する場合のプログラム案の策定や、プログラム対象者の選定をご支援します。

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(ソリューション創造本部 ヘルスケアチーム)