火災・爆発リスク低減対策

近代産業の発展および変化に伴い、火災・爆発事故の発生要因や被害状況が複雑化しています。このような状況の下で、事故の発生頻度や被害規模を低減するために、事前に適切な防災対策を実施することが重要です。
東京海上日動リスクコンサルティングでは、年間約700件を超える現地調査から得られた知見やこれまで蓄積された事故事例の分析結果等に基づいて、お客様の財産(工場や商業施設の建物や機械設備、倉庫等)に対する火災・爆発リスクの各種改善策のご提案等のサービスをご提供します。

サービス紹介

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(企業財産本部)

サービストップへ戻る