保険・共済事業向け分析サービス

保険・共済事業においては、保険や共済の引受に関するリスクを詳細に分析し管理することが重要な経営課題です。
自然災害等の非定常なリスクは、過去のデータが十分に蓄積されておらず、工学的なモデルを活用してリスクの定量的な分析を行うことが有効です。また、自動車事故、火災事故等、全国規模でみれば定常的に発生しているリスクは、大量のデータの分析を行いリスクの特性を把握する事が可能です。
東京海上グループは、損害保険分野で培った定常的な事故データの分析や独自に開発した自然災害リスク評価モデルを用いた評価等、専門性の高い知見・経験・技術を有しています。これらを活用して、保険・共済事業者のリスク管理や商品開発をサポートするリスク定量化サービスをご提供します。

サービス紹介

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(企業財産本部)

サービストップへ戻る