シチズン時計株式会社 様

素人判断をするよりも、専門家の目できっちりとした取扱説明書が必要であると考えました。

「シチズン時計株式会社 様」WEBサイト別ウィンドウで開きます

潜水する人の安全を確保するための用具のひとつであるダイバーズウォッチの取扱説明書だからこそ専門家のアドバイスが欲しかった。

Q.シチズン時計様の業態について教えてください。

当社では光発電エコ・ドライブ、電波時計をはじめとした腕時計および部品等の製造、販売や精密加工技術等を行っています。 夢とこだわりを持った「ものづくり」を通じて、喜びと感動の時間を分かち合う企業を目指しています。世界をリードする小型化・精密技術を持ち、部品から完成品まで提供できる「総合時計メーカー」です。

NW事業推進部 三瀧専門課長 NW事業推進部 折原係長

Q.ご依頼のきっかけは?

2003年のことですが、「サイバーアクアランドNX」というダイバー向けの時計を、米国で売り出すことになりました。一般的な時計と違い、ダイバーの皆様が安全に潜水していただくために、正しい取り扱いを理解してもらうことが重要なので、やはり取扱説明書はきっちりしておきたいと考えました。
また、その後お願いした「アイバート」シリーズも、携帯電話との連携機能を持ち、家庭用電源からの充電ができる等、これまでにないものでした。そういったことから、専門家にお願いしたほうがよいと判断しました。

アイバート M

Q.東京海上日動リスクコンサルティングのコンサルティングサービスはいかがでしたか?

当社にも、当然、取扱説明書を作成する専門部署はありますが、あくまで時計の専門家です。その点、東京海上日動リスクコンサルティングさんはPLに詳しい。当り前のことですが、PLの専門家という視点でアドバイスをくれるところがよかったですね。

話がわかるコンサルタントで安心しました。

Q.東京海上日動リスクコンサルティングのサービスで特に印象に残っていることは何ですか?

先の「アイバート」という、Bluetoothを搭載した新商品の取扱説明書の作成を依頼したときのことです。
そのシリーズには、アイバート Mという、携帯電話と時計をBluetoothでつないで、携帯電話の着呼やメール着信を時計で知る事ができ、メールの本文を読める製品があります。多機能であるため、取り扱い説明に苦慮しておりました。そのような中、製品の実物をお渡しできない状況にも関わらず、仕様書のみで製品の機能をご理解いただき、素早くクオリティが高い対応を受けることができました。その事に感心したことが、非常に印象に残っています。

Q.東京海上日動リスクコンサルティングのコンサルタントの印象はどうでしたか?

話がすごく合うので、なぜだろうと思っていたのですが、私どもと同じメーカーの設計出身だと聞いて納得しました。やはり設計、製造といったメーカー固有のことが分かっていない人に頼むのは心配ですから、そういうことがわかるメーカー出身者と仕事ができてよかったな、という印象です。

関本主任研究員 横浜国立大学大学院工学研究科修了 大手電機メーカーにて、精密電子部品および半導体の設計業務に携わった後、現職。東京海上日動リスクコンサルティングでは、製造業の製品安全プロジェクト、ISO認証取得のためのコンサルティングに従事

Q.今後、東京海上日動リスクコンサルティングに期待することは?

製品安全にかかわるリスクというのは、無自覚なことが一番怖いことだと思います。万が一にもお客様に危険が及ばない、ということをメーカー側は常に考えていなくてはならないと考えており、こういった姿勢が本当の顧客満足につながっていくものだと思っております。ただ、お客様に危害が及ぶ危険性について内部での監査だけでは足りないと考えており、万が一の抜けや漏れをしっかり指摘してくれる専門家として、東京海上日動リスクコンサルティングの存在意義があると思います。
今後は、国内のPL事情は当然のこととして、海外の情報の提供や、取扱説明書に限らず、PL対応全般の提案をいただきたいですね。

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(製品安全マネジメント第一・第二ユニット)

サービストップへ戻る