危機対応訓練支援

実効的なリスクマネジメント体制を構築するためには、定期的な教育・訓練が不可欠となります。教育・訓練を通じ、従業員の啓蒙・啓発を図ることは、体制の形骸化を回避するうえで極めて重要です。また、マニュアル通りに危機が発生することはほとんど無いことから、実際の危機対応においては、対応要員の応用力がポイントとなります。

この対応力・応用力向上において、訓練は極めて効果的な取り組みであり、さらに訓練を行うことにより現状における問題点・改善点を明確化できることから、継続的改善を図るうえでも、非常に重要であると言えます。

東京海上日動リスクコンサルティングでは、これまでの豊富なコンサルティング実績、高い知見・知識、事例研究等での高い分析力等を基に、実践的な危機対応シミュレーション訓練を実施します。

サービス内容

机上型シミュレーション訓練

危機管理を担当する対策本部要員や実際に判断・意思決定を行う責任者を対象に、東京海上日動リスクコンサルティングが作成するシナリオを基に机上型シミュレーション訓練を実施し、危機対応における意思決定プロセスを検証をするとともに、リスク感性・危機管理意識の向上を図ります。

対象とする事象

  • 自然災害
  • 大規模事故
  • 火災・爆発
  • 不祥事
  • 海外リスク
  • テロ
  • PL・リコール
  • サイバー攻撃 等

主な訓練対象者

  • 経営層
  • 対策本部要員
  • 各部門長、担当者 等

訓練の目的

  • グループ討議を通じた緊急時対応に係わるリスク感性、危機管理意識の醸成・向上
  • 緊急時の優先順位付け、事実確認の方法、考え方の検証
  • 現状の緊急時対応計画の見直し・検証

訓練概要等の説明 課題に対するディスカッション 検討結果発表 解説

リアルタイム型シミュレーション訓練

より実践的なマニュアルへの改善、緊急時対応能力の向上等を目的に、参加者が訓練中に状況判断、対策の検討、意思決定、指示までを行うリアルタイム型の訓練を実施します。訓練は東京海上日動リスクコンサルティングの豊富な訓練実績等により作成する訓練シナリオに基づき、様々な情報や状況が電話や模擬テレビ等からもたらされ、実際の危機に近い環境で進行します。
訓練計画から、訓練当日の運営、訓練後の評価まで、総合的にご支援します。

訓練における情報伝達等のイメージ

対象とする事象

  • 自然災害
  • 大規模事故
  • 火災・爆発
  • 不祥事
  • 海外リスク
  • テロ
  • PL・リコール
  • サイバー攻撃 等

主な訓練対象者

  • 経営層
  • 対策本部要員
  • 各部門長、担当者等

訓練の目的

  • より実践的なマニュアルへの改善
  • 緊急時における情報収集、状況判断、意志決定能力の検証
  • 緊急時の優先順位付け、事実確認の方法、考え方の検証
  • リスク感性、危機管理意識の醸成・向上
  • 現状の緊急時対応計画の見直し・検証

訓練実施の例

  • 対策本部に対し、訓練事務局より電話、テレビのテロップ等により状況・情報を提供
  • 対策本部における確認事項、現場から対策本部への要望、要請等を課題として提起し、対策本部としての意思決定を促す

ご活用例

本サービスはこのような場合にご活用頂けます。

  • 「幸い危機に直面したことはないが、実際の場面で対応できるだろうか」
  • 「既にマニュアルはあるが、本当に機能するだろうか」
  • 「どうも危機意識が薄いようだが、高める方策はないだろうか」
  • 「同業者の事故を他山の石として、今何かできることはないだろうか」
  • 「考えられる想定状況において、課題や問題点を洗い出すことはできないだろうか」

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(ビジネスリスク本部)

サービストップへ戻る