ワーク・ライフ・バランス取り組み支援

東京海上日動リスクコンサルティングでは、企業における以下のような課題を解決するためのご支援をします。

  • 働きやすい会社にしたいが何をすればよいかわからない
  • 長時間労働を削減したいがどうやって進めればよいかわからない、またはうまく進まない
  • ワーク・ライフ・バランス関連施策や制度を新たに導入したが、社内に浸透しない
  • 従業員の離職率が高い、定着させたい

サービス内容

ワーク・ライフ・バランスのための取り組みについて、現状把握から改善提案、取り組みの実施および効果の測定まで、個々の企業の状況に応じた最適な取り組みの推進をサポートします。

コンサルティングのポイント

  • 会社側からの一方的な取り組みの押し付けとならないよう、従業員のニーズを調査し、現状把握を実施します。
  • 個々の企業の状況に合った取り組みを、業種、従業員規模、男女比率、年齢構成等、様々な要因をトータルに鑑みながら、改善提案を行います。
  • 取り組みの効果を把握可能にするため、あらかじめ指標を設定し、取り組み開始前から取り組み開始後数年間に渡って指標の変化を測定します。

ワーク・ライフ・バランス取り組み支援の流れ

[STEP1:現状把握・ニーズ把握] ①貴社における現状の取り組み診断 ②従業員ニーズ調査 従業員アンケート、従業員個別ヒアリング 座談会 等 ・貴社における現状の取り組みを把握するため、働き方全般、育児支援、および介護支援の観点から、取り組みの状況を分析します。 ・従業員における現在および将来のニーズ把握のため、アンケート調査や、必要に応じて個別ヒアリングや座談会等を実施します。 [STEP2:取り組みのご提案・指標設定] ①分析に基づいた取り組みのご提案 STEP1における現状把握結果、貴社における経営目標・人事目標、貴社固有の状況(業種、従業員規模、男女比率、年齢構成等) ②効果把握のための指標設定 ・STEP1における現状把握およびニーズ把握とともに、貴社における経営目標・人事目標や貴社固有の状況を考慮に入れ、最適な取り組みの導入をご提案します。 ・取り組みの効果を把握するため、取り組みの導入前に、あらかじめ指標を設定します。指標設定により、下記のようなメリットがあります。 ・取り組みの推進に当たって、推進ご担当者が、経営層に対する説明責任を果たす。 ・推進ご担当者に対して、取り組みのインセンティブを与える。 [STEP3:取り組みの導入・周知] ①貴社における取り組みの導入・実施(必要に応じてご支援します) ②従業員に対する、取り組みの周知活動支援 ガイドブック、社内報等、周知のための文書作成、説明会・研修の実施 等 ・取り組みの導入・実施に当たり、貴社における業務を必要に応じてご支援します。 ・従業員に対して取り組みを周知するため、ガイドブック等の周知文書の作成から、説明会・研修等の周知活動を支援します。(例)男性従業員向け育児休業取得説明会、管理職向け研修 [STEP4:定着・効果の把握] ①取り組みの定着に向けた支援 定期的な座談会、研修 等 ②効果の継続的な把握のための取組支援 従業員アンケート調査、従業員個別ヒアリング等の実施 ・STEP3における周知活動後、取り組みの定着を図るため、貴社のご要望に応じて定期的な実施事項を検討し、その実施を支援します。 ・効果の継続的な把握のため、ご要望に応じて必要な支援を実施します。 ※ご要望に応じて、特定のステップのみにおける支援も可能です。

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(CSR・環境ユニット)

サービストップへ戻る