主席研究員

篠原 瑞生(SHINOHARA Mizuki)

所属部署
企業財産本部
専門分野
自然災害リスク、気候変動リスク

篠原 瑞生(SHINOHARA Mizuki)

略歴

大学院修士課程地球惑星科学専攻修了。研究テーマは台風の急発達。
2007年入社。特に台風、洪水を対象とした確率論的アプローチによる自然災害リスク計量モデルの開発に従事。その他、地理情報システム(GIS)を活用した自然災害リスク評価ツールの開発やそれを用いたコンサルティングの実績多数。
また、保険会社や共済事業者向けの、自然災害担保商品開発・料率策定支援等を目的としたコンサルティングを多数手がける。
(株)東京海上研究所主席研究員(2016年~兼務)。
日本気象学会、日本建築学会会員。

 

 

 

担当プロジェクト例

  • 金融機関      自然災害担保商品開発支援・料率策定支援・リスク評価業務
  • 製造業       海外拠点の自然災害ハザード評価業務
  • 官公庁       水害リスク・リスクファイナンス検討支援業務
  • 開発プロジェクト  自然災害リスク評価モデル開発
  • 開発プロジェクト  GISの自然災害リスク評価活用