家族と企業を守る 感染症対策ガイドブック

  • 経営・マネジメント
  • 事業継続 / BCP
出版日
2015年4月23日
出版社
日本経済新聞出版社
価格
¥1,100円(税込)
著者
東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 編
監修
独立行政法人 国立国際医療研究センター 和田耕治 先生

航空ネットワークの発達、ビジネスのグローバル化の進展、海外旅行者の増加等により、今まで特定の地域にとどまっていた感染症が、短期間のうちに世界中に感染拡大するリスクが高まっています。

本書では、エボラ出血熱や新型インフルエンザ等の感染症のリスクや企業や個人に求められる対策について解説しています。
特に「第4章 企業を守る」では、企業リスクとして捉えた際の感染症の特徴や、企業において最低限必要な対策、事業継続のための体制構築のポイント、海外拠点における感染症対策のポイント等を詳しく紹介しています。

家族と企業を守る 感染症対策ガイドブック

購入する別ウィンドウで開きます

書籍トップへ戻る