2021年1月以降の英国市場への製品投入について ~CEマークからUKCAマークへ~

  • 製品・サービス
  • コンプライアンス

2020/11/2

 2020年1月末にEUを離脱した英国の移行期間(※1)が、2020年12月末で終了します。英国市場への製品の投入に関し、2021年1月から必要になる対応について、英国政府が9月に公表したガイダンスを基に紹介します。

■適用される規制・基準の確認
 化学物質、医薬品、車両など、いわゆるオールドアプローチ指令(※2)のもとで規制される製品や、医療機器、建設資材、エコデザイン・エネルギー表示が必要な製品等を英国で上市する場合は、個別の規制が適用されます。また、整合規格でなく各国の基準が適用される製品については、以前EU諸国で販売されていた製品であっても、英国の製品安全に関する規制・基準に適合していることを改めて確認しなければなりません。


■適合性評価や表示を変更する必要があるかどうかの確認
 英国市場で特定の製品を販売する場合、適合マークを使用する必要があります。2021年1月1日以降、現在CEマークの対象となっているほとんどの製品について、「UKCAマーク」(図)が英国の適合性評価マークとなります。ほとんどの場合(※3)、2021年12月31日まではCEマークの使用が認められますが、できるだけ早くUKCAマークに移行することが推奨されています。

■英国内の認定代理人の選任
 EUに拠点を置く認定代理人は、2021年1月1日から英国では認められなくなります。認定代理人を起用する必要がある場合、英国市場で販売される製品については、英国に拠点を置く認定代理人を選任する必要があります。

■法的責任の変更がないかの確認
 製造業者の法的義務は、2021年1月1日以降もほとんど変わりません。一方、英国内の流通業者・供給業者については、2021年1月1日以降、英国外から英国に製品を持ち込み、英国内で販売する場合は「輸入業者」となり、製品への会社名や連絡先住所などの表示、適合宣言書の写しの保管(10年間)などが必要となります。

より詳しい情報は、英国政府の公表したガイダンス(※4)をご参照ください。

 

※1:英国のEU離脱による影響を軽減するために経過措置として設けられた期間で、この期間中はEU法が英国に適用されます。

※2:製品ごとに詳細な技術基準を規定した指令をいいます(これに対し、大きな製品群ごとに必須要求事項のみを規定した指令を「ニューアプローチ指令」といいます)。

※3:例えばEUの規制が改定され、英国とEUの要求事項が同一でなくなった場合などは、英国ではCEマークを使用することができなくなります。

※4:Placing manufactured goods on the market in Great Britain from 1 January 2021(https://www.gov.uk/guidance/placing-manufactured-goods-on-the-market-in-great-britain-from-1-january-2021)、Using the UKCA mark from 1 January 2021(https://www.gov.uk/guidance/using-the-ukca-mark-from-1-january-2021

執筆コンサルタントプロフィール

栁瀨 慶朗
製品安全・環境本部 エキスパートコンサルタント

コンサルタントの詳細

コンサルタント紹介を見る

コラムトップへ戻る