現在、海外進出している日系企業は、約75,000拠点におよび、海外市場の潜在需要や更なる成長に期待して、国内の6割近くの企業が「海外進出の拡大を図る」と、引き続き高い意欲が示されています。

 一方、昨今の貿易等をめぐる摩擦をはじめ特定の国・地域での社会情勢変化に起因する戦争・政府による接収などの「カントリーリスク」や、「大規模自然災害」が、企業活動に大きな影響も与えています。

 本セミナーでは、海外現法設立による進出事例や設立への支援の仕組み、避け得ないカントリーリスクとリスクマネジメントについて、今日的な内容を踏まえて解説します。