自然災害リスク評価

昨今、大規模な自然災害が多く発生しています。希にみる最大規模の被害となった東日本大震災は、改めて、自然災害の脅威を我々に突きつけました。また、平成30年7月豪雨等、2019年台風19号(令和元年東日本台風)などの大規模な水災や、2018年台風21号、2019年台風15号(令和元年年房総半島台風)などによる風災などの気象災害も相次いで発生しています。このような気象災害は気候変動の観点からも、激甚化・頻発化することが懸念されています。
東京海上ディーアールは、東京海上グループの損害保険分野で培った経験・知見に基づき自然災害リスクを定量評価する高度な技術を有しています。これを活用して、「災害に強い企業・社会をつくる」ために、様々な自然災害リスクの評価、分析、対策立案等のサービスを提供しています。

サービス紹介

コンサルタント紹介

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

サービストップへ戻る

東京海上ディーアールへのお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(企業財産本部)