有事対応支援(戦争・核ミサイル攻撃対応支援)

日本近隣で大規模戦争が発生した場合や日本に核ミサイル攻撃が行われた場合、多くの企業は「一企業でできることはない」と考えがちですが、こうした考え方は誤りです。戦争・核ミサイル攻撃のリスクを正確に評価し、被害を想定し、危機に備えることは可能です。東京海上日動リスクコンサルティングは企業の従業員・関係者を守り、資産を保護し、事業を継続するための支援をご提供します。

サービス内容

核ミサイル攻撃のリスク評価と被害想定策定

日本領土・領海上で、核攻撃が行われた場合のお客様の事業拠点のリスクを評価し、被害想定を策定します。リスク評価・被害想定にあたっては、1960-70年代の米国総省の核実験データ、某国の核・ミサイル能力、某国の核戦略・態勢を踏まえて評価を行います。

初動対応要領および事業継続戦略の策定

弾道ミサイル等による武力攻撃が行われた場合、個人および組織としての初動対応要領を具体的に策定します。ミサイル攻撃が大量破壊兵器(核・生物・化学)であった場合等、様々な状況下を想定し、オフィス勤務時・工場内勤務時・外訪中等のケースごとに対処要領を策定します。また、事業継続が期待される業種・業界についてはあわせて事業継続のための戦略・計画を策定します。
本支援は、海外における事業拠点および日本国内の本社・主要事業拠点の双方で適用可能です。

武力攻撃事態演習

武力攻撃が発生した際の企業としての危機管理・事業継続を机上演習で検証します。机上演習では複数の武力攻撃パターンを想定し、核攻撃時の残留放射線対応等をケーススタディします。

リスクモニタリング態勢構築支援

企業内における政治リスク・地政学リスクの情報収集・評価の仕組み、特に公開情報に基づくインテリジェンス(Open Source Intelligence: OSINT)態勢構築をご支援します。たとえば、①某国の核・ミサイルの開発状況、②某国の「非核化」措置の履行状況、③二国間・多国間交渉等をモニタリング・評価するための体制構築および運用をご支援します。

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(ビジネスリスク本部)

サービストップへ戻る