リスクシナリオ策定支援

政治リスク・地政学リスクの発生を事前に予測することはできないため、企業経営・事業にとっての「ワーストシナリオ」「ベストシナリオ」を策定し、備えることが重要です。東京海上日動リスクコンサルティングでは、貴社経営戦略・事業戦略を踏まえたリスクシナリオを策定します。

サービス内容

リスクシナリオ策定支援の概要

貴社にとって重要な事業領域・地域における、政治リスク顕在化に伴う複数の「ワーストシナリオ」「ベストシナリオ」の策定、「ワースト」と「ベスト」を分かつ分岐点(リスクドライバー)の特定を通じて、今後の事業戦略の策定、事前対策の準備、モニタリングに活かします。
政治リスク・地政学リスクを中心に、人口動態、産業構造変化、マクロ経済、対外関係等を多角的に分析し、単一ではなく「複数の将来像」を描きます。

複雑な政治リスク顕在化プロセスをモデル化し、リスクドライバーを特定 シナリオを分かつ分岐点(リスクドライバー) ベストシナリオ、ワーストシナリオに分岐

リスクシナリオの検討範囲・テーマ(例)

  • トランプ政権による通商政策見直し(対米輸出比重の大きい製造業)
  • 英国のハードBREXIT(英国に地域統括会社を持つ企業)
  • 20XX年の北東アジアの経済・投資環境シナリオ(中国・韓国に仕入れ先・生産拠点・販売拠点がある企業)
  • サウジアラビアの社会・経済改革の行方(エネルギー業界)
  • エネルギー・シーレーン上の政治リスク・地政学リスク(エネルギー業界)

リスクシナリオ策定のプロセス(例)

  1. 課題と範囲の設定、基礎調査

    貴社事業戦略・計画(または経営戦略・計画)および現状の事業環境を踏まえて、リスクシナリオ策定の前提である課題・目標、検討範囲、対象政治リスク、想定時間軸を決定します。上記の課題と範囲にもとづき、関連情報を収集し、現状・想定時間軸における動向調査(人口動態、経済成長、産業動向等)を行います。

  2. 事業環境決定要因の評価

    貴社の経営環境・事業環境にとってのポジティブ要因・ネガティブ要因(策定するリスクシナリオのベストなのか、ワーストなのかを判断する要素)を洗い出し、重み付け評価を行います。

  3. リスクシナリオの策定

    貴社の経営環境・事業環境を踏まえて、関連する政治リスクのベストシナリオ、ワーストシナリオ案を策定し、専門家ヒアリングを通じて妥当性を検証します。リスクシナリオ案は貴社とワークショップ形式で協議することも可能です。

  4. リスクドライバーの洗い出し・評価

    上記のベストシナリオ、ワーストシナリオを分かつ・決定づけるリスクドライバー(要因)を洗い出し、その中から、影響度と不確実性の観点で最も大きなものを2~3を選定します。

  5. リスクシナリオの修正

    策定したベストシナリオ、ワーストシナリオを見直し、修正し、ストーリーを肉付けします。
    場合によってはサブシナリオを策定します。

  6. 戦略と対策の検討

    リスクドライバーのモニタリング方法を検討し、(もし可能なら)ベストシナリオが到来するための方策を検討し、それぞれのシナリオに基づく戦略と事前対策を検討・実行します。

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(ビジネスリスク本部)

サービストップへ戻る