危機管理広報訓練支援

危機発生時の適切な広報対応を怠ったためにマスコミの批判の対象とされ、長年にわたって築き上げたブランドイメージや信用を一挙に失墜する例は枚挙に暇がありません。消費者離れ、株価の低下、格付けの低下等、企業経営に多大のダメージを与えるばかりでなく、従業員の士気の低下にもつながります。

このような事態を避けるには、適切な広報対応体制の構築が不可欠となります。特に、専門の広報担当者の育成や、トップを含めた広報対応訓練は不可欠となります。

東京海上日動リスクコンサルティングは、各種サービスによる広報担当者の育成や広報対応訓練を通じ、総合的に広報危機管理体制の構築をご支援します。

サービス内容

広報危機管理に関して以下のような訓練を実施します。

広報資料作成訓練

シナリオ状況下においてワークショップ形式で広報資料作成を訓練し、広報担当者の対応能力の向上を図ります。

広報資料作成訓練の例

  • ステートメントの作成
  • プレス資料の作成
  • Q&Aの作成

記者会見訓練

危機発生時に、マスコミの取材に対し正しい情報を伝え、適切な広報対応ができるようにすることは、危機対応の基本です。広報対応で重要な記者会見訓練を実施し、広報対応能力の向上を図ります。

実施内容

  • 危機シナリオに基づいた記者会見の実施
  • 記者会見における質疑応答・仕草 等

記者会見訓練のポイント

  • スポークスパーソンの選定
  • 会見場所の設定
  • 発表内容の準備
  • 発表時の態度、姿勢、仕草
  • 発表時の言葉遣い、用語の選択

リアルタイム型広報危機管理訓練

危機発生時に、新聞・テレビ等の取材に対し、正しい情報を伝え、適切な広報対応ができるようにすることは、危機対応での基本といえます。経営層・幹部クラス・広報部員等、対応要員を対象に、危機シナリオに基づいて、情報収集から声明文等のプレス資料の作成、記者会見まで一連の広報対応のシミュレーション訓練等を実施し、実践的な広報対応能力の向上を図ります。

従来の訓練では検証しにくい要素の検証

  • 経営者の意思決定・リーダーシップ
  • 社内の情報収集・意思統一
  • 対応方針の不整合・不徹底

様々な訓練方式

  • リアルタイム型シミュレーション訓練
  • 広報資料作成訓練
  • 経営層向けメディアトレーニング(模擬記者会見)

リアルタイム型広報危機管理訓練の例

  • 訓練要領説明
  • 広報対応・資料作成
  • 緊急記者会見
  • 事務局による講評

コンサルティングの手順(例)[1か月~2か月程度]立地環境等から発生する可能性のある危機について調査 東京海上日動リスクコンサルティング研究員が貴社のご担当者様に適宜ヒアリング 訓練用の詳細なシナリオを作成 [リアルタイム型訓練実施(半日から1日)](1)訓練事務局から逐次提供する危機情報に対し、リアルタイムで対応しながら、記者会見用の資料を作成。(2)一定時間後、スポークスマンを決めて頂き、模擬記者会見を実施。訓練事務局が記者役を演じ、様々な質問を投げ掛ける。(3)東京海上日動リスクコンサルティングの広報専門家が、訓練結果を評価、講評。

ご活用例

本サービスはこのような場合にご活用頂けます。

  • 「広報担当者やスポークスパーソンが育っているか、確認したい」
  • 「既にマニュアルはあるが、本当に機能するのか」
  • 「擬似的に体験し、いざというときに備えておきたい」
  • 「広報対応の体制を充実させたい」
  • 「マスコミは敵なの?味方にすることはできないものか」
  • 「ステークホルダーに正しく知ってもらうには、どうすればよいか」

コンサルタント紹介

東京海上日動リスクコンサルティングでは、様々な業界に精通した経験豊富なコンサルタントが課題解決のお手伝いをします。

詳細ページへ

セミナー

詳細ページへ

レポート・書籍・コラム

詳細ページへ

お問い合わせ

東京海上日動リスクコンサルティングへはこちらからお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

(ビジネスリスク本部)

サービストップへ戻る