Transform&Robotics
運行管理支援AIロボットで、未来の働き方へ

東京海上ディーアールは運送事業の安全性向上に関し、警察庁・国土交通省などの官公庁および各業界団体からの受託事業や研究に関与しております。この豊富なコンサルティング実績やノウハウをもとに、「運行管理支援AIロボット」で次世代の運行管理業務を支援します。

運行管理支援AIロボットを使ってみましょう

  • 安全指導回答・解説
  • Tenko de unibo設置
  • 点呼画面
  • アルコールチェック
  • 点呼支援画面
  • 安全指導質問

①点呼業務を支援します

点呼

AIロボットが本人を特定し、ドライバーと対話しながらアルコールチェック、健康状態および免許証を確認します。また安全指示事項をドライバーに伝えます。運行管理者は目視で最終確認を行います。

記録

点呼記録簿や指導記録は業務終了後に法令に準拠する形式で自動で作成され、クラウドに保存されます。クラウドからいつでも点呼結果や指導進捗・結果などを出力できます。

業務連絡

運転者への日々の業務連絡を点呼場でロボットが代行します。毎日の連絡や期間限定の連絡、個人宛の連絡などを自由に設定できます。閲覧確認やアンケートを取ることも可能です。

②安全指導機能で指導・監督を支援します

安全指導

AIロボットが本人を特定し、国土交通省の「指導・監督指針」に対応した教育をファシリテートし指導を支援します。提供コンテンツは、弊社Eラーニングサービスとして、大変多くの企業様にご利用いただている実績があるものです。

□ Eラーニングの導入実績
佐賀県トラック協会、愛知県バス協会など

③輸送の安全性の向上を総合的に支援します

輸送の安全性向上

導入後を見据え、ロボットとともに業務する実現可能性やその効果について検証を支援いたします。また、ロボットの導入効果を高めるために、点呼や安全指導の現場を多数調査・改善した実績をもとに、業務効率化にとどまらず輸送の安全性向上に向けた総合的なご支援をします。

voice

導入企業の声

正確な点呼業務

正確な点呼業務を実施することで、会社としての安全対策強化につながり、契約されている荷主へのアピールへとつながった。

点呼記録

深夜、早朝時間帯を中心に、点呼記録が正確にできていないケースが少なからずあったが、正確な点呼実施を行うことが可能になった。

一元管理

各拠点の点呼データが一元管理されることで拠点の状況がひと目で見える。

ロボット点呼

今まで指示伝達事項など、伝え忘れたこともロボット点呼を使用したことによって、言いづらいことも確実に伝えることができ、ヌケモレがなくなった。

不正の抑制、防止

免許証、アルコールチェック紙等による、不正の抑制、防止が可能となった。

movie

― 紹介動画 ―

詳しくは弊社にお問い合わせください。

運行管理支援AIロボット以外の交通リスク関連サービスはコチラ

※Tenko de uniboはナブアシスト社の商品です。